スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊方原発3号機 運転差し止め申し立て却下の広島地裁の判断に抗議します。

2017.03.30 23:21| 未分類

伊方原発再稼働反対1

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めるよう広島県の住民が申し立てた仮処分を、広島地裁は三十日、却下する決定をした。
広島地裁の吉岡茂之裁判長は「住民が放射線被ばくにより重大な被害を受ける具体的な危険はない」と結論付けています。
福島での大事故、大事件はいったいなんだったのでしょう。まったく何もなかったような判断を下しています。国民の原発を止めたいという考えはデフォルトです。
吉岡茂之裁判長も裁判所の人事権を握ってしまっている現政権にいわゆる忖度しているのでしょうか。
大阪高裁の山下郁夫裁判長に続き原発事故が起きた時に責任が取れないはずの吉岡茂之裁判長の判断に強く抗議します。

2017年3月30日

スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0
<<【反西連主催避難者問題学習会】 6月11日(日)午後 | ホーム | 高浜原発3,4号機 再稼働判断の大阪高裁の判決に抗議します。>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。